ブレインキッズとは?

5つの特長

01 ビジョントレーニングで考える力が身につく。

ビジョントレーニングとは
ビジョントレーニングとは「視る力」を向上させるトレーニングのことです。人間は、情報の約80%を眼で受け取っており、ビジョントレーニングは、眼の総合的な視覚機能を高めるトレーニングです。
視覚とは「見る」だけでなく、「視て理解する」ことも含みます。眼には6つの筋肉があり脳と繋がっており、ビジョントレーニングを行う事で、脳が活性化します。
これを続けることで運動能力・学習能力・コミュニケーション能力の向上に繋がります。ブレインキッズのプログラムは、根底にビジョントレーニングを取り入れています。

眼の3つの機能

  • 感覚機能

    情報を鮮明に視る機能のことです。
    「視力」はこの機能に含まれますが、眼の機能全体のわずか1~2%と言われています。

  • 運動機能

    情報を正確に集める機能です。さまざまな方向から多様に入ってくる情報に対して、両眼をくるくるとよく動かし、スムーズ に ピント調節を行うといった能力です。また、この機能を使うため には、眼が二つある以上両眼のチームワークも重要になります。いわゆる「動体視力」もこの機能に含まれます。

  • 情報処理機能

    脳と連携して情報を処理する機能のことです。眼に入った 光の情報を分析したり、記憶として整理整頓したり、反応し たりします。さらに他の感覚(聴覚、臭覚、触覚、味覚、体 性感覚など)や、機能とも相互に作用します。

眼とはこの3つの要素がお互いにうまく噛み合って機能することが重要です。 舌が「見える内臓」と言われる様に、眼は「見える脳」と言われています。眼 をトレーニングすることは脳をトレーニングすることにつながります。

02 運動遊びを通じて、基本動作が身につく。

幼児期には多種多様な動きを体験する事が、運動が得意になる為には重要です。文部科学省ではが行う「体力・運動能力調査」の結果からも「走る・跳ぶ・投げる」といった基礎的な運動能力が顕著に低下している事が明らかになっています。
ブレインキッズでは、走る・跳ぶ・投げる等といった基本動作を中心に、子どもたちが楽しみながら積極的に体を動かせる運動遊びを取り入れ、様々な基本動作を身につけていきます。

03 大型ブロックを使って、創造力や協調性を育む。

アメリカ製の「イマジネーション・プレイグラウンド」を使ったプログラムを行います。このブロックは、「かたちを創ることで、夢見たものを現実にする力」を育てる全身を使って遊ぶ大型ブロックです。安全かつ頑丈なポリエチレン・フォームを使い、アメリカでは「自由な遊び場」の象徴的な存在になっています。その場にある材料を使い、即興的になんでも創り上げる事ができます。

イマジネーション・プレイグラウンドの4つの特長

  1. 安全かつ遊びやすい「素材感」
  2. バラバラのパーツから生まれる「即興性」
  3. 自分で考えてつくる「自立性」
  4. 大人の関わりでさらに深まる「協働性」

04 成果を見える化するITの導入。

「DigSports」というシステムを使って、子どもの運動能力を測定します。測定結果から、「体格」「パワー」「敏捷性」「器用さ」の4つの軸で運動能力の特長を自動的に評価します。また、運動能力の特長からイメージされる「動物タイプ」に分類し、向いてるスポーツがわかります。

「Dig Sports」システムの特長
運動能力測定・身体測定(身長、腕の長さ、足の長さ、座高、肩幅)とともに、文部科学省の新体力テストに採用されている5項目(反復横跳び、垂直飛び、50メートル走、ボール投げ、持久走)の測定を行います。運動能力評価及び最適なスポーツ種目の判定機能「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」と同様の5段階判定を行います。
さらに、スポーツ適性診断メソッドを応用して、一人ひとりに適性があると推定されるスポーツ種目を判定します。対象となるのは、野球やサッカーなどオリンピック種目を中心とした50種目で、身体特長(身長、手足の長さ等)、運動能力(瞬発力、俊敏性、脚力等)に応じて、適性が高い種目を判定します。

05 お子様の安心と安全をご提供。

大切なお子様をお預かりしているのだから、少しでもご安心いただく為、カメラを設置し保護者の方が教室以外でもお子様のレッスンの様子をご覧いただけるようライブ配信しております。
またトラブル防止など安全面にも配慮し安心してお預けいただけるよう努めております。

レッスンの流れ

幼児クラス
(3歳~小学生未満対象)

児童クラス
(小学1~3年生対象)

ブレインキッズ体操教室監修 小島 直人

小島 直人

日本体育大学幼児体育専攻 在学中から幼児体育現場に携わる
幼稚園提携の幼児体操クラブ/テニスコーチインストラクター

小学校受験幼児教室体操講師
(公財)日本スポーツ協会 公認スポーツ指導員
現在0歳からの運動教室「フィジカルパーク」のトレーナーとして指導 バランス・体幹などを鍛えるための指導を0歳~シニアまで指導中
「発達障害・心の問題を抱えるお子さま向けの運動」をプログラム提供中
日本体育大学特別講師「遊具の安全性・指導者としての注意点」

先生の紹介

ゆき先生

特技:
ダンス、球技、ピアノ、変な夢を見る
趣味:
シャンプー、人間観察、原子図鑑を眺める
一言:
発想力、創造力、身体能力、洞察力!!
楽しく面白く運動を!生きていく力を!
考えて伝える力を!踊る楽しさを!みんなの個性を大事にします!

はっちん先生

特技:
演劇・高速瞬き
趣味:
ゲーム・映画鑑賞・犬の散歩
一言:
あたりまえに動かしている自分のからだ。それは本当にあたりまえ?
指の動き、目の動き、手首足首から全身で動く楽しさや不思議さを感じてほしい!

なおみん先生

特技:
演劇、珈琲を美味しく淹れる
趣味:
読書、映画鑑賞、ネコの観察
一言:
体を動かすってとっても楽しい☆
そこに、自分なりの工夫や創造、想像が加わって、ますます豊かなものになる!
子どもたちが伸び伸びできるようにサポートします。

教室長の紹介

岡田教室長

特技:
舞台演出
趣味:
コーヒー屋めぐり
資格:
ジュニアスポーツ指導員
一言:
目をしっかり動かしていると、いつの間にか見える世界が変わってきます。
できること、頑張ることは大切ですが、楽しみながら続けることはもっと大切です。
ページトップへ